お役立ち情報

TOP > お役立ち情報 > 保育士お役立ち情報

保育士お役立ち情報

保母資格のままの方へ

児童福祉法の一部改正により(平成15年11月29日施行)、保育士資格の法定化が図られ保育士となるには、都道府県知事への登録手続きが必要となります。

(登録決定後、都道府県知事から保育士証が交付され、初めて保育士として認められます。)

 

保育士の登録申請については、保育士となる資格(保母資格)を有している方であれば、いつでも申請可能ですが、保育士として業務を行っていない方は、必ずしも登録する必要性はなく登録しなくても資格がなくなるわけではありません。

ただし、現在、保育士として業務を行っている方、また、今後、保育士として業務を行おうと考えている方は、登録する必要があります。

 

申請書類の受付から「保育士証」交付までの期間は、おおむね2ヶ月程度必要です。

※手続きを早めることは一切できませんので、登録が必要な方は早めに申請してください。

 

1.「保育士登録の手引き」を請求します。

申請書類の添付された「保育士登録の手引き」が1人につき1部必要です。
(1) 角型2号(A4用紙がおらずに入るサイズ)の返信用封筒をご用意ください。表面にあなたの住所・氏名を記入します。
(2) 返信用切手を貼ります(1部必要な場合は140円、2~3部なら250円、4~5部なら400円です)。
(3) 登録事務処理センター宛封筒に返信用封筒を入れ、表面に赤字で「保育士登録の手引き○部請求」と明記し、センターに郵送します。

 

「請求先」
都道府県知事委託 保育士登録機関(社会福祉法人 日本保育教会)
登録事務処理センター
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル 6階
電話 03-3262-1080  (肉声案内:平日 9:00~17:00、音声案内:終日)

 

>ご希望の方にテノ.サポートから「保育士登録の手引き」を進呈いたします。
お問い合わせフォームからお申込みください。


  2. 登録の申請をします

「保育士登録の手引き」に沿って、上記の登録事務処理センターに申請書類を郵送します。(※登録手数料:4,200円)

 

詳細は保育士登録事務処理センターのページをご確認ください。

 

保育士資格の取り方

保育士は国家資格です。

保育士の資格(免許)は、保育園や児童福祉施設で先生として働くために必要な資格です。

以前は、任意資格でしたが、児童福祉法一部改正(2003年)により、国家資格になりました。

このサイトでは、保育士の資格を取得する為の方法、保育園でのお仕事などについて解説しています。

保育士を目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。


保育士の資格取得方法

保育士の資格を取得するためには、2つの方法があります。
 

1. 厚生労働省の指定する養成校を卒業する方法
厚生労働省の指定する養成校には、4年制大、短期大学(短大)、専門学校、保育士養成施設があります。これらの学校の保育士資格が得られる学部・学科を卒業すると、自動的に保育士の資格を取得できます。
 

2. 保育士試験に合格する方法
保育士試験は国家試験であり、毎年1回、各都道府県で行われています。 短大卒、または同等の資格を有していれば受験することが可能です。 現在では、養成校を卒業して保育士になる方が多い傾向にあります。


※参考サイト:キャリアステーション

幼稚園教諭免許の更新ついて

現在、働いている幼稚園教諭の方、または来年度の幼稚園でのお仕事が決まっている方は更新手続きが必要です。

 

平成21年4月からの教員免許更新制の実施により、平成21年3月31日までに授与された教員免許状を持って、幼稚園教諭として勤務する方々は、各自の修了確認期限までに30時間以上の免許状更新講習の課程を修了し、必要な手続きを行うことが必要となります。

 

免許状更新講習の受講等のおおまかな流れは下記のとおりです。

 

  1. 教員免許の終了確認期限を確認する。
  2. 受講したい免許状更新講習を探す。(大学等で更新講習は受講できます)
  3. 30時間以上の講習過程を修了すると、「修了証明書」が発行されます。
  4. 勤務する幼稚園が所在する都道府県の教育委員会に講習修了の申請をします。
  5. 免許管理者が更新講習修了確認を行い、更新講習修了確認証明書を発行します。

 

以上を行うことで、10年後まで教員免許状が有効になります。

 

>詳細は文部科学省のサイトをご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加